【人気記事】
スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

ワンピース1066話ネタバレ感想考察 巨大な王国はエッグヘッド以上の科学力を有していた【ONE PIECE】

作者:尾田栄一郎 漫画『ワンピース(ONE PIECE)』1066話 ネタバレ感想考察(本編内容引用)

「オハラの意志」

 

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

【目次】

 

 

 

未来島エッグヘッドのような科学力を持った都市の正体はクローバー博士が言っていた『ある巨大な王国』

ある巨大な王国は20の王国と戦い、戦いに勝利した20の王国は世界政府を発足し今の世界を作ったと明かされています。

そしてクローバー博士も言ったいたようにある王国の思想を危険視し、その思想を誰にも継がせないため歴史を全て消し去ったのが『空白の100年』となります。