スポンサーリンク

『ワンピース』1105話 感想 「あいつら」は誰か 海軍による脱出船の撃破を妨害しエッグヘッドへ迫る者の正体は黒ひげ海賊団、革命軍、麦わら大船団、エルバフから巨兵海賊団やシャンクス?SWORDは? サターン聖か黃猿が死亡する可能性  【ONE PIECE】

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

作者:尾田栄一郎 漫画『ワンピース(ONE PIECE)』1105話 感想「愚の骨頂」(本編内容引用)

 

バスターコールを発動したサターン聖。

ベガパンクが「エッグヘッドを壊せば科学の進歩は100年遅れる」と発言。

しかし、昨日島から脱出した船の中には「空白の100年の何か」を知った者がいた可能性があったため追撃命令を出したとサターン聖が明かしました。

 

ベガパンクが秘密裏に行っていた研究は人類の為。
「人類の為」とであれば、これから起こりうる何かを防ぐたものかも。

 
そして、パシフィスタがボニーとくまに狙いを定めました。
 
 
実は海軍が脱出船の撃破を失敗していたことが判明。
撃破の妨害をした者がエッグヘッドに向かったと海兵が黄猿へ伝えようとします。
 
 
1078話で、「『エッグヘッド事件』の結末は世界に思いもよらぬ衝撃(ショック)を与える事となる」と予告されているで、海兵が黄猿へ伝えようとしている「あいつら…エッグヘッドへ向かったと…!!」の“あいつら”の正体が重要になると思います。
これまでの動きから一番可能性が高いのはエッグヘッドに接近している黒ひげ海賊団です。
四皇2人が揃う上、もしかするとくまやボニーを助けにドラゴンら革命軍や麦わらの一味を助けに麦わら大船団も加わるのかも。最後に写っている旗が撃退された海軍だけでなくSWORD(ソード)のことも表現しているのであればSWORDも邪魔をした可能性がありますが可能性は低いと思います。
麦わらの一味の次の目的地がエルバフですがまさか巨兵海賊団のドリーとブロギー、サウロやシャンクスが助けにくる可能性もあります。
黒ひげが海軍の妨害をした理由は、「海軍と敵対しているから」と「脱出船を救えば空白の100年について情報を聞けるから」の2つと予想。
 
 
そして、サターン聖か黃猿が死亡することで世界に思いもよらぬ衝撃(ショック)を与えるのでしょう。
もしかすると、海軍より上位の世界政府、そのトップにいる五老星のサターン聖を黃猿が裏切って世界に衝撃を与えるのかも…。

 

 

 

前回 1104話

anigenavi.com

 

次回 1106話

anigenavi.com

 

 

 

ネタバレ