【人気記事】
スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

ワンピース考察 巨大な麦わら帽子はジョイボーイが所持していた!?【ONE PIECE】

 

作者:尾田栄一郎 漫画『ワンピース(ONE PIECE)』908話 ネタバレ感想考察(本編内容引用)

「世界会議開幕」

 

 

巨大な麦わら帽子の持ち主はジョイボーイ?

イムがパンゲア城内部で保管している巨大な麦わら帽子は太陽神ニカを身に宿した者ジョイボーイが所持していたものと思われ、そのジョイボーイは月の民(月の人)、Dの一族の者で巨人族。つまり、エルバフの信仰する太陽の神ニカ及びジョイボーイは実在した巨人族です。そして800年前に消えたある巨大な王国の出身でしょう。

というのは冗談で、ジョイボーイは通常の人間種ですが巨人族や魚人族、バッカニア族、ルナーリア族らと交流しゴムゴムの実(ヒトヒトの実幻獣種モデルニカ)の能力で巨人族を真似て巨大化し戦ったと思われます。ある巨大な王国の出身は冗談ではありません。

麦わら帽子が巨大な理由は、巨大な王国が作った光圧グローブで巨人化したジョイボーイに合う麦わら帽子を作ったもしくはジョイボーイの身体の大きさの変化に合わせて大きさが変わる麦わら帽子を作ったから。そしてイムが冷凍保存した時に巨大だったから。(もしくは巨人族が友好の証としてジョイボーイに巨大な麦わら帽子を贈呈した)

 

 

ジョイボーイは過去のゴムゴムの実の能力者でギア5の様な力を持っていたと思われます。

太陽神ニカの起源と月の民との関係が気になりますね。

 

 

レッドラインとムー大陸は交差するようにあり、ルフィの持つものとイムが保管している2つの麦わら帽子の赤いリボンが大陸を表現しているのでしょう。

 

 

 

悪魔のイムや五老星らがジョイボーイや巨大な王国を消滅させる

800年前に消えたある巨大な王国が世界を支配していたが、悪魔そのものもしくは悪魔と契約したイムや五老星らがジョイボーイ及び王国を消滅させて世界政府を創り世界を支配したと予想します。

ジョイボーイが被っていた麦わら帽子はただの麦わら帽子ではなく世界を一変させる程の機能が搭載されているため、冷凍保存して使用できないようにしているのかも。破壊しないのにも理由があるはずです。

 

ワンピース及びルフィの最終目的はルフィの夢の果ては「ワンピースを見つけ海賊王になり世界を買うこと」ですので、悪魔のイムらを倒し世界を買い解放して自由になるのでしょう。

 

anigenavi.com