スポンサーリンク

『鵺の陰陽師』17話 感想 キャシーに投げ飛ばされる狂骨 一緒に寝る代葉と学郎

 

 

 

漫画『鵺の陰陽師』17話 感想

 

代葉の後釜は妹とかですかね?

よくあるパターンですけど気になる。

 

鵺が代葉にかけられた呪いを破ったのは、陰陽師作品でよくある“呪詛返し”ですね。

食らった藤乃家当主がギャグっぽく見えるの気の所為?

 

 

さらっとした説明で登場する新キャラクター・キャシー。

こんな感じでもかなり強い幻妖なんでしょうね。

狂骨がキャシーに投げ飛ばされたのは、ほぐれていないえのきの塊をキャシーのお椀にこっそり入れたのがバレたからでしょうか。

「学郎」呼びなど狂骨の情報も少しずつ分かってきて面白い!

 

以前から思っていたのですが、代葉のデフォルメ顔が『ぼっち・ざ・ろっく!』の主人公・後藤ひとりのような時がありますね。前髪長いですし。

そんな彼女の指で「ツン」や「手を握って」がかわいい。

普段は当主に怯えて快眠できなかったのでしょうが、今夜は学郎の隣で安心して寝ることができてよかったです!

 

 

と、和んでいたら代葉への刺客・藤乃双斧(もろよき)が登場。

腰に武器を装備していますが、名前からして双斧でしょうか?

当主の命令で代葉の両者を手に掛けたのは彼の可能性が高いですね。

藤乃姓ですが、血縁者ではなく婿など外部から入った人の様な気がします。

彼も何らかの理由で当主に弱みを握られているから、弟子を手に掛けてきたのでしょう。

 

 

 

前回 16話

anigenavi.com

 

次回 18話

anigenavi.com

 

 

 

 

次号