スポンサーリンク

アニメ『葬送のフリーレン』1話 感想 冒険の終わりと旅の始まり

冒険の終わり

 

9月30日に日本テレビの金曜ロードショーやその他配信で4話分一挙放送されたアニメ『葬送のフリーレン』。

今回は1話、2話、3話、4話と分割して記事を作成します。

 

 

アニメ『葬送のフリーレン』1話 感想

 

勇者の最期

魔王を倒した勇者ヒンメル、戦士アイゼン、僧侶ハイター、魔法使いフリーレン。

50年後に再会する約束をしてそれぞれ別れる一行。

魔法使いフリーレンは魔法の収集を続けるとのこと。

●フリーレンは長命な種族エルフになります。

 

 

 

そして50年後に再会したヒンメルとフリーレン。

ヒンメルは年老いて、元々身長が低かったフリーレンより身長が低くなっています。

アイゼンとハイターも合流して約束した『半世紀(エーラ)流星』を見に行きます。

50年前に冒険した時を思い出すように約束の場所へ向かう一行。

 

 

 

最後の冒険を経て亡くなった勇者ヒンメル。

彼のことは何も知らないが共に冒険した記憶で涙を流すフリーレン。

●視聴者はたった数シーンでしか彼女らの冒険を知ることができませんが、今後回想などで語られる時があるとうれしいですね。その時はフリーレンの様に涙を流すかもしれません。

 

仲間のハイターも先が長くないことが判明。

ヒンメルの死を受けたフリーレンは魔法収集と並行して「人間を知る」ことを旅の目的に加えました。

●ここで1話の半分が経過。

●フリーレンの旅が再開してプロローグが終了しましたが最終回の様に感じられました。

 

www.youtube.com

 

 

 

人間とエルフの違い

勇者ヒンメルの死から20年が経ち、ハイターの下に訪れたフリーレン。

●ヒンメルの葬儀後に先が長くないような様子でしたが意外にも20年生きていましたね。

 

 

 

前半での50年、今回の魔導書の解読に費やす5~6年を短く思っているフリーレン。

●人間とエルフでは寿命の長さが違うのでフリーレンの異質さが分かりますね。

●ハイターの「ほんの少し時間が欲しくなった」というのは、フリーレンにフェルンを預かってもらうことができないため自分が死んだ後1人になるフェルンを心配しているからだと思います。

 

 

 

アニメ化いいですね。

原作に描写を加えたり、動きがあるので静かな物語により一層引き込まれます!

 

 

 

斎藤圭一郎監督による「暗いよー!怖いよー!」のミミックイラスト公開!

フリーレンが無駄にいい顔をしているので原作やアニメ本編よりもギャグ度が高まっています。

 

 

 

 

 

 

ノンクレジットオープニング/フリーレンOP/OPテーマ:YOASOBI「勇者」

www.youtube.com

 

 

 

次回 2話

 

 

 

 

 

 

 

 
【純正品】PlayStation Portal リモートプレーヤー(CFIJ-18000)

【純正品】PlayStation Portal リモートプレーヤー(CFIJ-18000)

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon

 

 

PlayStation 5 (CFI-1200A01)

PlayStation 5 (CFI-1200A01)

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon
PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1200B01)

PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1200B01)

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon
PlayStation 5 DualSense ワイヤレスコントローラー ダブルパック(CFIJ-10011)

PlayStation 5 DualSense ワイヤレスコントローラー ダブルパック(CFIJ-10011)

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon

[rakuten:book:20789784:detail]