スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

【ウマ娘3期】キタサンブラックのモアイ像は何を意味するのか

『ウマ娘』のメディアミックス作品では1話の冒頭で古代のウマ娘が描かれるのが定番ですが、アニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 3』(『ウマ娘3期』)1話冒頭ではモアイ像が登場!

 

最後の一体がキタサンブラックに酷似しており、ウマ耳が無い像もあるのでチームスピカのモアイ像かと思ったのですが、モアイ像は15体あるため数が合いません。

 

元ネタである並べられたモアイ像も15体とのことですのでウマ娘モアイ像の数は元ネタに倣っただけで他の意味は無いのかも。

 

参考元:zakzak

www.zakzak.co.jp

 

 

 

一番の謎であるキタサンブラックに似ているモアイ像について考察してみました。

 

モアイの「モ」は未来、「アイ」は生存(生きる)という意味で、「モアイ」には“未来に生きる” という意味があると言われてあります。

守護像として「未来を見守り、明るく導くように」という願いを込めて、当時のイースター島民が建てたのかもしれませんね。

引用元:南三陸モアイファミリー

 

上記のとおりモアイ像が未来への願いを込めているものであれば、キタサンブラックの像はいつ造られたのか。

①キタサンブラック誕生の日からトレセン学園に入学する前に両親が娘の未来を想って建造

②キタサンブラックがドリームトロフィーリーグで活躍して伝説のウマ娘になった時、つまりアニメ3期最終回より後にトレセン学園が建造(銅像的な形で)

 

 

アニメではシンボリルドルフ会長の像が登場しているので、目覚ましい活躍をしたウマ娘は後世へと語り継がれるように形で残されているのかもしれません。

そうするとキタサンのモアイ像が造られたのは②である可能性が高いです。

 

トレセン学園からどういった像を残したいかと問われたキタサンブラックは「未来のウマ娘たちが、まつりをやっているような楽しい気持ちで日々生きてくれるように」と想いを込めてモアイ像を選んだのでしょう。

 

参考元:南三陸モアイファミリー

www.moaifamily.com

 

 

いろいろ妄想してみましたが古代ウマ娘については何も分からない状態なので、これまで描写された古代ウマ娘や江戸時代ウマ娘が登場する世界をVRウマレーターで体験したいです!

 

 

 

ちなみにモアイ像はゲーム『ウマ娘』に登場済みです!

anigenavi.com

 

 

 

 

 

 

 
【純正品】PlayStation Portal リモートプレーヤー(CFIJ-18000)

【純正品】PlayStation Portal リモートプレーヤー(CFIJ-18000)

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon

 

 

PlayStation 5 (CFI-1200A01)

PlayStation 5 (CFI-1200A01)

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon
PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1200B01)

PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1200B01)

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon
PlayStation 5 DualSense ワイヤレスコントローラー ダブルパック(CFIJ-10011)

PlayStation 5 DualSense ワイヤレスコントローラー ダブルパック(CFIJ-10011)

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon

[rakuten:book:20789784:detail]