スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

【ウマ娘3期】9話 天皇賞春のカメラワークがすごい!演出や矢野さんの演技も素晴らしい!   【感想】

アニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 3』(『ウマ娘3期』)第9話「迫る熱に押されて」にて描かれた天皇賞(春)でキタサンブラックとサトノダイヤモンドが激突。

カメラワークなどのレースシーンが素晴らしかったです!

アニメ2期最終回の有馬記念や『Road To The Top』のレースシーンが好きなのですが、それらとは違ったカメラワークで最高でした。

アニメ技術が日々進化していることを改めて確認できましたね。

 

キタサンブラックとサトノダイヤモンドが戦うレースはこれが最後なので、ある意味最終回で集大成ともいえる演出がありました。

2期の幼少期から2人が歩んできた物語を思い出すことができて最高でした。

 

キタサンブラックが踏み込んだ時の矢野妃菜喜さんの演技は2期有馬記念でのトウカイテイオーを彷彿とさせるものがあり素晴らしかったです!

 

 

 

感想