スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

邪神ちゃん公式が映像データを300円で販売 YouTubeやニコニコへの全編アップロードを許諾 映像の入手方法は不問 【違法アップローダーさんも必見】違法アップロードを合法にする 『世紀末編』にケンシロウが登場  4期12話が制作される?

アニメ『邪神ちゃんドロップキック』が『邪神ちゃんドロップキック 世紀末編』の放送日である2023年12月26日より前に『世紀末編』の映像データを300円(税別)で販売し、全編アップロードを許諾すると発表しました。

 

違法アップローダーも必見 世紀末編全編アップロード許諾

アニメ『邪神ちゃんドロップキック』が『邪神ちゃんドロップキック 世紀末編』の放送日である2023年12月26日より前に『世紀末編』の映像データを300円(税別)で販売し、全編アップロードを許諾すると発表。

 

 

Amazonにて本編データをダウンロード販売。

配信チャンネル運営者はKADOKAWA「CSP(クリエイターサポートプログラム)」に参加することで、YouTubeやニコニコで本編映像を配信し広告収入を得ることができるようにすると説明。

 

「画面を映さずに実況配信をしている方たちや、違法アップロードで広告収益を稼いでいる方たちの力も活用して作品を広めていきます。」と作品を発展させる意気込みを語りました。

 

アニメ1話まるごとを広告にしましたね。

2022年発表の二次創作解禁の際の「違法アップロードを合法にします」を更に強化したようです。

 

 

製作委員会は映像の入手方法について不問

Q&Aも記載

Q:購入した映像データをYouTubeにアップロードしてよいのか
A:製作委員会は映像の入手方法を問いません。映像の購入方法や購入した商品の使用範囲については販売プラットフォームのルールに従って下さい

 

製作委員会は映像の入手方法を問いません」と説明しているので、販売プラットフォームのルール次第では購入した映像まるごとYouTubeやニコニコ動画にアップロードし広告収入を得ることができます。

また、YouTubeにまるごとアップロードされた映像を素材としてダウンロードすることやAmazonにて300円で購入した映像を200円で二次配布することも可能になるかもしれません。

 

詳細はこちら

jashinchan.com

 

 

 

『世紀末編』にケンシロウが登場

『世紀末編』にはゲストキャラとして「世紀末」繋がりのケンシロウが登場。

今回少しだけ公開された映像ではケンシロウが喋っているのですが声優が気になります。

過去にはターレスが元ネタと思われるゴブリンの声を本家の声優・野沢雅子さんが担当しているので、ケンシロウも本家の声優が声をあてる可能性があります。

 

ケンシロウの声優
神谷明
子安武人
河本邦弘
阿部寛
石川英郎
小西克幸
古賀一史
立花慎之介
黒田崇矢

 

『世紀末編』のケンシロウの声優は土田大さんに似ていますが、過去に本家でケンシロウを担当した黒田崇矢さんが邪神ちゃん1期と3期に出演しているので、もしかするとケンシロウの声を担当するかも?

 

 

ケンシロウが登場するのも、映像データを販売するのも、公式が【違法アップローダーさんも必見】と投稿しているのも全部面白い。

 

 

 

アニメ『邪神ちゃんドロップキックX』(第3期)では違法切り抜きアップロードに対抗して公式が切り抜き動画をYouTubeにアップロードしていました。

さらに第1話切り抜き動画を繋げると第1話が完成するという面白いことも実施。

www.youtube.com

 

 

 

定期的に面白い発表をする邪神ちゃん最高ですね。

 

クラウドファンディング『アニメ4期分割払いプロジェクト』では3,000万円ごとに1話分の制作が決定し、最終的には3話分の制作が決定しました。

今回のような企画の影響で全12話を制作する日が来るのかもしれませんね。

 

 

 

anigenavi.com