スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

『呪術廻戦』245話 感想 万が命と引き換えに作った呪具『神武解』が宿儺の身代わりになり出番終了 日車は術式領域展開「誅伏賜死」の全容を把握していなかった?

 

作者:芥見下々 漫画『呪術廻戦』245話「人外魔境新宿決戦⑰」 感想(本編内容引用)

 

秤対裏梅

再生速度が宿儺や五条悟を凌駕している不死身の秤は驚異ですが裏梅に周囲一帯を凍らされたら打つ手がありません。

どう攻略するのか楽しみですね。

 

 

 

日車対宿儺

誅伏賜死の「没収」は対象が呪具を携帯している場合、術式ではなく呪具に適応されると判明。

後出し感のある設定ですが「日車自身が術式の全容を把握できていなかった」という説明で終了ですかね。

そして、万が命と引き換えに作った呪具『神武解』が宿儺の身代わりになり出番終了。

 

高専側は虎杖以外全滅しそうですね。

その後虎杖が全員を復活させそう。

ファン待望の五条悟復活祭を開催できますね!