【漫画作品別感想記事等のカテゴリは記事の下もしくはサイドバーにあり】




【人気記事ランキング】

葬送のフリーレン13話ネタバレ感想考察 早起きのフリーレン

原作:山田鐘人、作画:アベツカサ 漫画『葬送のフリーレン』13話 ネタバレ感想考察(本編内容引用)

「解放祭」

 

【目次】

 

 

解放祭

人類の魔法の開祖フランメの著書『大魔法使いフランメの魔導書』は偽物しか見つかっておらず、フランメの顔を憶えているのはフリーレンくらいだけと判明。

 

比較的言葉遣いは丁寧なフェルンですがシュタルクにはきついです。

 

 

 

フリーレンが到着した町では勇者ヒンメルが魔族を討伐した日に『解放祭』として祝っています。

80年経過して世代が交代しても勇者一行への恩を忘れないでいるこの町は素敵ですね。

フリーレンの旅の目的地が『天国』というのも素敵ですね?

 

 

 

前回 12話

anigenavi.com

 

次回 14話

anigenavi.com