スポンサーリンク

エスパー伊東さんの死因とワクチン接種を関連付ける人達が出現(コロナワクチンなど)反ワクなど

お笑い芸人のエスパー伊東さん(本名:伊東万寿男)が逝去したことが2024年1月16日に分かりました。

死因は非公表。てんかん重積と公表。

63歳でした。

 

右変形性股関節症を治療するため芸能活動の休業を2018年12月の記者会見で発表。

2019年2月に右変形性股関節症の手術を受けて、2019年4月には多発性脳梗塞の投薬治療を開始。

2020年2月頃に病院から老人ホームに移り認知症を発症し半分寝たきり状態であったと所属事務所の社長で友人のビトタケシさんが説明していました。

 

 

エスパー伊東さんの訃報を受けた人達が死因と「ワクチン(コロナワクチンなど)」を関連付けて嘘や中傷のコメントを発信しエスパー伊東さんを冒涜しています。

死因はてんかん重積と所属事務所のオフィス庄屋が公表しています。

このような行為はおやめください。