スポンサーリンク

作者が『はじめの一歩』アニメ化(映像化)当時を語る 制作は実写ドラマ『セクシー田中さん』と同じ日本テレビ 【芦原妃名子】

『砂時計』『Piece』『セクシー田中さん』などの漫画作品の作者、漫画家の芦原妃名子さんが亡くなったことで漫画作品の二次使用について説明していた漫画『はじめの一歩』作者・森川ジョージさん。

 

『はじめの一歩』のアニメ化(映像化)当時について明かしました。

制作は実写ドラマ『セクシー田中さん』と同じ日本テレビで、当初はクオリティに納得できなかったがその後素晴らしいデキになり信頼関係ができた。

舞台化はテレビアニメ『はじめの一歩』の幕之内一歩役を担当した喜安浩平さんを脚本にする条件で全て任せたといったことも明かしました。(喜安浩平さんは舞台『呪術廻戦』やアニメ『マイホームヒーロー』で脚本を担当)

 

また、『セクシー田中さん』の件について「今回 局が悪い、制作会社が悪い、出版社が悪いという意見が散見されますが時間に追われながらもみんな一生懸命だったと思います。
責められるべき関係者がいたとしてもそれは時間が何らかの答えを出してくれると思います。
誰が悪いではなく原作者は悪くないという話にしたいです。
責務を果たそうとした勇気と、作品から伺える才能を称えたいです。」とコメントしました。

 

ぜひ全文お読みください。