スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

『SAKAMOTO DAYS』158話 感想 シンが相手を操る能力(言霊)に目覚める 『呪術廻戦』狗巻棘の呪言  【サカモトデイズ】

zebrack-comic.shueisha.co.jp

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

作者:鈴木祐斗 漫画『SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)』158話 感想「超相撲」(本編内容引用)

 

 

ハルマに相撲で挑むシン。

シンが土俵に選んだのは噴水。セバのツールで水を凍らせてハルマを動けなくした後に平衡感覚を破壊。

 

しかし、ハルマはアイスクライミングに種目を変えシンの指を潰しトドメを誘うとしますが、シンが「止まれ!!」と念じるとハルマが静止。

シンが攻撃がハルマの顔面で炸裂。

 

 

 

シンの超能力は他人の心を読むものでしたが、ここにきて新たな力に目覚めました。恐らく『言霊』です。

『呪術廻戦』狗巻棘の『呪言』に似ているとすれば、呪いのこもった言葉を発することで相手を攻撃できる呪術ですので 「爆ぜろ」と言えば爆発させることができ、「捻じれろ」と言えば捻じることができますが、喉が潰れるなど身体への負担が大きいというリスクもあります。

しかし、シンの言霊にはそこまでのリスクが無いと思われるので作中でも最強クラスになるかもしれません。殺し屋(暗殺者)にとっては最強のスキルでしょう。シンより格上のハルマにも有効で、言霊が連発できればORDERにも匹敵します。

アルカマル関係者と思われる麻樹がシンを狙う展開もありそうで不穏ですね。

 

 

 

前回 157話

anigenavi.com

 

次回 159話

 

 

 

ネタバレ