【人気記事】
スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

ワンピース イムの正体考察予想 神仏ではなく悪魔 神の天敵【ONE PIECE】

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

 

作者:尾田栄一郎 漫画『ワンピース(ONE PIECE)』1110話で五老星の正体が妖怪、悪魔、モンスターと明かされました。

本記事では五老星より上位の存在であるネロナ・イム聖の正体の考察等を紹介します。

 

 

イムの正体は悪魔もしくは悪魔との契約者と予想。

800年前にイムは世界を創造した20人の王の中にネロナ・イム聖がいましたが同一人物であればその寿命は通常の人間を凌駕しているため、悪魔もしくは悪魔との契約者である可能性が高いです。

ネロナ・イムを組み合わせると神仏になりますが、マリージョアの中や五老星が出現した際の召喚陣(魔法陣)を見ると悪魔召喚の際に使用される召喚陣に見えます。つまりイムは天上人の神や仏を騙った悪魔。

 

悪魔の代表格といえばサタンやバフォメット。

ワンピースにはヤギが登場しているのでイムはバフォメットの可能性が高く、五老星といった天竜人は悪魔崇拝者もしくは悪魔そのものではないかと思われます。

戦闘力が低いチャルロス聖が頑丈な理由は悪魔と契約していると考えていますが…。まぁ、五老星は契約者でしょうね。

 

 

Dの一族は「神の天敵」と呼ばれていますが、イムが神ではなく悪魔であれば正しくは「悪魔の天敵」となります。

Dの一族は巨大な王国の子孫で、王国の民はかつて他の国の者から「神」と呼ばれていたと思います。それが気に食わなかったイムは王国を滅ぼし支配者となったのでしょう。

巨大な王国は月の民、ルナーリア族、バッカニア族などで構成されていた国かもしれませんね。

 

 

 

各五老星の正体、妖怪、モンスター記事

anigenavi.com

anigenavi.com

anigenavi.com

anigenavi.com

anigenavi.com

anigenavi.com

 

 

 

ネタバレ