【人気記事】
スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

魔都精兵のスレイブ131話ネタバレ感想 優希の寝る時間を把握している天花【まとスレ】

shonenjumpplus.com

 

原作:タカヒロ 作画:竹村洋平 漫画『魔都精兵のスレイブ』131話「想いゆえに」 感想考察ネタバレ 【まとスレ】(本編内容引用)

 

【目次】

 

 

総組長選挙

組長会議にて、『総組長選挙』は桃源郷で行うことに決定。

犬のシールが貼ってあるパソコンを使う総組長山城恋。

珍しく真剣な五番組組長蝦夷夜雲ですが、脳内は煩悩まみれでスケベすぎる。

総組長選挙中に乱入してきた八雷神(五雷神)と戦う展開になるのでしょうか。

 

 

 

様子がおかしい天花さん

以前の天花と京香が握手した際の描写は、陰陽寮に潜入し情報を持ち帰ったことを知らせる手紙を渡していたことだったと判明。

そして天花の有能な部分の描写の後に、シフトから優希の寝る時間を把握(ストーカー)していることが判明。

「筋肉がつき逞しくなった優希に甘えたくなる」など色々妄想しながらもすぐにキリッとした顔になり、総組長選挙で『陰陽寮』について話し合うことを決意するのでした。

ストーカー、「言いたい事は分かる」などのずれた考え、妄想と終盤で一気に畳み掛けてくる様子のおかしい人でした。今回女性のち首は謎の光で見えませんでしたが男の乳首は描かれました。
次はどのようなストーカーエピソードが描写されるのか楽しみ。

山城恋は陰陽寮側と描写されているので、山城恋と陰陽寮対他の組長と優希になり、さらに八雷神(五雷神)が乱入して大変な事になりそうですね。

 

 

 

お風呂上がりの山城恋を写すサービス。

総組長選挙の際に他の組長の前で優希を犬(奴隷)扱いするのでしょうが、失敗して逆に犬扱いされる未来が見えます。

 

 

 

次回 132話

anigenavi.com