【人気記事】
スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

呪術廻戦259話感想 術式が復活した東堂葵の手の膨らみが気になる

作者:芥見下々 漫画『呪術廻戦』259話 ネタバレ感想考察(本編内容引用)

「人外魔境新宿決戦㉛」

 

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

 

【目次】

 

 

 

追い詰められた虎杖の前に現れたのは東堂葵。兄弟からのブラザー。

左手を失ったことで術式『不義遊戯(ブギウギ)』は使用できませんが、術式の鼓動を感じて術式は無事復活。

包帯を巻いた手の膨らみが気になります。音を鳴らす何かを仕込んでいるのでしょう。

 

冥冥の『黒烏操術』と東堂葵の『不義遊戯』で禪院真希と猪野琢真が宿儺の領域外へ脱出させる作戦であったことが判明。

しかし、禪院真希は呪力がないので『不義遊戯』の効果を得られないはずだが、三輪霞らしき人物が簡易領域を使用していたので無事脱出できたのかもしれません。

 

東堂の「多分大丈夫だ!!」で納得し安心する虎杖。

根拠のない言葉ですがなんとかなりそうなのがすごい。

 

宿儺は領域展開後の今は術式使用が困難な状態にあるがここからどう逆転するのか。

 

 

 

anigenavi.com

anigenavi.com

 

 

 

前回 258話

anigenavi.com

 

次回 260話

 

 

 

呪術廻戦 戦華双乱|オンラインコード版

呪術廻戦 戦華双乱|オンラインコード版

  • バンダイナムコエンターテインメント
Amazon