【漫画作品別感想記事等のカテゴリは記事の下もしくはサイドバーにあり】




【人気記事ランキング】

呪術廻戦ネタバレ262話感想考察 完全顕現のリカと乙骨の目に涙

作者:芥見下々 漫画『呪術廻戦』262話 ネタバレ感想考察確定の最新情報を紹介します(本編内容引用)

 

 

サブタイトル「人外魔境新宿決戦㉞」

 

 

 

【目次】

 

 

現代最強の異能と呪いの王

五条悟(乙骨憂太)の領域『無量空処』と宿儺の領域『伏魔御廚子』が展開。

五条悟が宿儺の領域の対抗策として打ち出した『無量空処』(小さい結界)に入った乙骨と宿儺。

 

『無量空処』は約3分の間領域外から結界外殻への『伏魔御廚子』の術式効果に耐えることが可能。

3分以内に、『伏魔御廚子』を維持するが不可能なダメージを宿儺に与えようとする乙骨。

 

対する宿儺は『伏魔御廚子』の公開範囲を、結界外殻を囲う程度に狭めて時間制限99秒を取り払い、3分を待たずして『無量空処』を破壊し領域を広げ今度こそ呪術師を皆殺しにしようと考えます。

 

乙骨が乗っ取った後の五条悟の顔は乙骨に寄っていますね。

 

 

 

宿儺は領域を展開したまま領域展延を行使し無下限を貫通。乙骨にダメージを与えます。

宿儺は「烏の入れない領域内で起こったことは共有できていない」と考えているので秘策だったのでしょう。

高専の呪術師は乙骨が敗北することも考えて動くはずですので、結界が破壊した時には宿儺の想像を超える出来事が待っていると思われます。

宿儺は乙骨との戦いも楽しんでいますが、それ以上の楽しみを体験できるのかも。

 

 

 

乙骨の遺体を抱えるリカ

乙骨憂太の肉体が死亡したことを悲しむ完全顕現リカが亡骸を抱きながら泣き、乙骨の肉体の目にも涙が。

 

リカの完全顕現が5分より前に解除されて乙骨が死亡する展開もありそうですが、逆に5分の制限が解除されて五条悟の肉体を使い乙骨が生き延びる可能性もありますね。

 

ただ、リカの中にある宿儺の指を宿儺が取り返しラスボスとして更に暴れてほしいという気持ちもあり複雑です。

 

 

 

次回263話展開予想記事

anigenavi.com

 

 

 

今回掲載本誌

 

次回掲載本誌

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

 

 

感想記事

前回 261話

anigenavi.com

 

次回 263話

 

 

 

呪術廻戦 戦華双乱|オンラインコード版

呪術廻戦 戦華双乱|オンラインコード版

  • バンダイナムコエンターテインメント
Amazon