【漫画作品別感想記事等のカテゴリは記事の下もしくはサイドバーにあり】




【人気記事ランキング】

その着せ替え人形は恋をする 105話ネタバレ 感想考察 のんちゃんの後悔が五条君の背中を押す【着せ恋】

作者:福田晋一 漫画『その着せ替え人形は恋をする』(着せ恋)105話 ネタバレ感想考察確定の最新情報を紹介します(本編内容引用)

 

今回は104話の感想と考察。

 

 

 

【目次】

 

 

後悔

五条君(五条新菜)が思い出すのは始まりの時。

喜多川さん(喜多川海夢)に初めてコス衣装製作を頼まれたあの日でした。

 

現在距離がある五条君と喜多川さん。

五条君が少しでも早く雛人形の頭師になれるようわざと距離を置いているのでしょう。
 
 

 

のんちゃん(青柳のばら)と再会した五条君が相談した相手はユサワヤの店員宇佐見さん。

宇佐見さんは一度夢を諦めたが、後悔があったため夢を追いかけて今の仕事をしているとのこと。

宇佐見さんが後悔しているのは被服の道へ進めなかった事よりも夢を反対された父親に「それでもやりたい」と自分の思いをきちんとぶつけなかった事と五条君に伝えました。

自分を変えてくれるきっかけになった喜多川さんの言葉と宇佐見さんの言葉が重なり、余計悩んでいる五条君。
のんちゃんの事だけでなく喜多川さんへの想いにも悩んでいるので余計彼女の事が頭から離れない様子。

 

 

 

後悔

五条君の家の前にはのんちゃん(青柳のばら)が佇んでいて、五条君の足音に気付いた彼女が振り返りました。

ついに「気持ち悪い!わっちゃんなんて大嫌い!」と言ってしまった真相を話す時がついに来ました。

宇佐見さんと同じく長年本当の気持ちを言えず後悔していたのんちゃん。加えて五条君へ暴言を吐いたことも後悔。
あの言葉の裏にあった気持ちを伝え2人は和解するのかもしれません。
また、五条君は雛人形だけでなく現在コスプレ衣装を作っていることも明かし「今は前に進めている」と彼女に伝え、そこから喜多川さんとのんちゃんのコス対決など色々と発展しそうです。

五条君も後悔があったのかもしれませんが、のんちゃんの謝罪を受けて、「自分も後悔のないように行動しなければいけない」と思い、喜多川さんへ本音をぶつけるのでしょう。
「喜多川さんのことが好きです」と告白する可能性もありますが、告白して付き合うのは作品最終盤の方がよいのかなと思います。

のんちゃんは五条君にとってトラウマを与えた人物であり、前へと進むため背中を押してくれる人物でもあります。

喜多川さんと五条君の話の前にのんちゃんとの話は決着がつきそうで良かったです。



先述ののんちゃんと会話で五条君がコス衣装を作っていると明かすのではなく、『ぱくもぐ』を一緒に見れなかった代わりに今度は『フラワープリンセス烈!!』を一緒に見て、流れで五条君がコス衣装を作っているとのんちゃんが知り喜多川さんとのんちゃんのコス対決になるのかも。
このまま喜多川さんがプロコスプレイヤーになれば、現在隠しているハニエルコスのレイヤーの正体を事務所の方針で知名度アップのため発表しなければいけないでしょう。
そのことで喜多川さんが傷つくのは見たくないです。

同時に五条君の名前を広まり衣装製作の依頼がたくさん舞い込んでいるくるかもしれません。
こういった展開になれば2人は離れ離れになるので読者は絶望しますので回避してほしいです。

 

 

 

 

2024年7月4日に着せ恋飯店の新情報が発表。

喜多川さんのオムライス(五条君がチャーハンと勘違いしたが中華コンセプトの本イベントとマッチ)

さらに喜多川さんがこれまでコスしてきたのハニエルなどをチャイナルックにしたカードも販売。ベロニカたゃはまだコスしていませんが。

チャイナルックの大天使ハニエルは地雷メイクに見えますね。

五条君と喜多川さんのパンダ着ぐるみ素晴らしいです。猫に続いているので他の動物でもぜひ。

 

 

 

次回106話展開予想記事

anigenavi.com

 

 

 

掲載本誌

 

 

 

 

感想記事

前回 104話

anigenavi.com

 

次回 106話