スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

【推しの子】129話 感想 アイが隠していた感情

ynjn.jp

 

原作:赤坂アカ 作画:横槍メンゴ 漫画【推しの子】129話「ピース」 感想

 

映画『15年の嘘』の撮影が開始。

旧B小町内での軋轢や嫉妬はミヤコさんがさらっと語っていましたが、この撮影で詳細が語られるのですね。

 

小説45510ではアイの隠された気持ちも明かされており、小説ではアイの記録を削除したとありますが、もしかするとアイがDVDにこの内容の一部を残していて、映画に使用されるかも?

youngjump.jp

 

 

 

まとめ

アイが隠していた感情とあの言葉の真実

五反田監督は人の感情を操るのがうまいですね。

星野アイが嘘で隠していたものを見抜いていた数少ない人物なのでしょう。

今回は“怒り”の感情を引き出しましたが、「ごめんね 私は君を愛せない」のセリフではどういった感情を引き出すのか気になります。

アイの発した「ごめんね 私は君を愛せない」の本当の意味に唯一気付いており(映像を見ていないのに)、今回は星野アイが隠していた感情をルビーに気付かせたので、ごめんね 私は君を愛せない」の意味を自分の口から伝えるのではなく撮影中の演技でアクアとルビーに気付かせるのでしょう。

 

 

五反田監督に導かれ心までアイと化したルビーが「ごめんね 私は君を愛せない」の本当の意味を知ったうえで、カミキヒカルを演じるアクアに発することができるのか。

現時点で真実はわかりませんが、アイにとって「嘘は愛」なので嘘でもアイがカミキヒカルを愛していたとなれば、アイ役のルビーに「ごめんね 私は君を愛せない」と言われたカミキヒカル役のアクアがその言葉の本当の意味に気が付き心が砕けそうです。

 

また、映画タイトル『15年の嘘』はアイが亡くなった後の15年を意味していますが、「ごめんね 私は君を愛せない」の本当の意味を知ればカミキヒカルと出会うまでの15年も嘘(嘘で塗り固められた人生)だとアクア、ルビーは気が付くかもしれません。

そうするとタイトルは『30年の嘘』になるのでしょうか。

 

 

 

本話掲載本誌

次号

 

 

 

前回 128話

anigenavi.com

 

次回 130話

 

 

 

 

 

 
【純正品】PlayStation Portal リモートプレーヤー(CFIJ-18000)

【純正品】PlayStation Portal リモートプレーヤー(CFIJ-18000)

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon

 

 

PlayStation 5 (CFI-1200A01)

PlayStation 5 (CFI-1200A01)

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon
PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1200B01)

PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1200B01)

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon
PlayStation 5 DualSense ワイヤレスコントローラー ダブルパック(CFIJ-10011)

PlayStation 5 DualSense ワイヤレスコントローラー ダブルパック(CFIJ-10011)

  • ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Amazon

[rakuten:book:20789784:detail]