スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

『魔都精兵のスレイブ』120話 感想 男の雷煉(女性?)も和倉優希の精神世界に来るのか 【まとスレ】

shonenjumpplus.com

 

原作:タカヒロ 作画:竹村洋平 漫画『魔都精兵のスレイブ』120話「光と闇の決着」 感想 【まとスレ】(本編内容引用)

 

天沼矛(あめのぬぼこ)を防ぐ京香様像
神話の武器を防ぐ京香様像強い。
スレイブを使った場合はさらに強くなるのでしょうか。
 

 

伏魔から攻撃を受けながらも、京香から託された使命「一組一殺」を全うすべく一歩も退かないワルワラ。

その姿をみた伏魔は「異常者め」と絶叫。

見事伏魔を葬ったワルワラ。

 

 

敗れた伏魔は和倉優希の精神世界へ転移。

待っていたのは温泉に浸かる空折。

スレイブは使っていませんが京香様からワルワラへのご褒美が見たいです。

伏魔が精神世界に来ましたが、このままだと男(?)の雷煉もこの空間に来るのですよね。実は雷煉が女だったりしませんかね。
(中の女性がパワードスーツを操縦している的な)
この見た目にしては身長175cmと以外に低身長なので実は女性というパターンはありそう。
そもそも桃から能力を得られるのは女性のみですので、性別不明の若雲も女性ではないでしょうか。
そして倒された雷煉が和倉優希の精神世界にくるのかも?

そして、一番気になるのは救出されたベル。
もしかすると七番組が対峙している雷煉を彼女が倒す展開に?

 

 

 

前回 118話

anigenavi.com

 

次回 120話

anigenavi.com