スポンサーリンク

『劇場版ウマ娘 新時代の扉』山本健監督が謝罪   【劇場版『ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉』】

劇場版『ウマ娘 プリティーダービー 新時代の扉』の山本健監督が自身のXで投稿したことについて謝罪しました。

 

「ゲーム系特有のカスみてぇな守秘義務パワーでなぜか監督なのにサーバー見せてもらえねえから作監も動画仕上げもどんな感じになってるのか撮影上げるまで一切確認できませんが私は頑張っていますね」

「疎外感との戦いという感じですね。」と投稿していました。

 

 

視聴者などの第三者に発信することではなく、当事者へ直接抗議するべきだと思いました。(相手が運営かは不明)

「皆さんに喜んでもらえるウマ娘の映画を作ることを自分の責任として、改めて制作に励んでまいります。」とコメントしているので、より良い作品が出来ることを願っています。

映画楽しみにしています!

 

 

 

この一件を、【炎上】【悲報】「爆死確定か 監督が何故か疎外され愚痴り始めてもうめちゃくちゃwwwwww.」というタイトルで記事を投稿したり、違う作品である『ウマ娘 3期』を貶める内容を同じ記事内に記載して『ウマ娘』の印象を悪くするように動いたサイト(ブログ)が複数ありました。

これらの記事を投稿したサイトを確認すると、「炎上」「悲報」「爆死」といった記事タイトルでウマ娘を悪く扱う記事ばかり投稿したり、さらに他のゲームやアニメ作品の印象を良くするために『ウマ娘』を否定的な情報で対立させています。

また、これらのサイトはウマ娘だけでなく他の作品等を悪く扱っていますので、そのような迷惑サイトの閲覧には気をつけましょう。