スポンサーリンク

『SAKAMOTO DAYS』152話 感想 死亡したのは南雲に変装させられた楽と予想 入れ替わった南雲がスラー(赤尾リオン)と再会  【サカモトデイズ】

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

作者:鈴木祐斗 漫画『SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)』152話 感想「RTA」(本編内容引用)

 

透明の刃で南雲から刺されて追い詰められる楽ですが、『ぶっ殺しRTA』を開始。
 

決着は省略されましたが、シンたちと合流した坂本の目に入ったのは武器(刀)で刺されて死亡した南雲。

 

ORDERについて「あいつらは滅多なことじゃ負けない」と言ったのがフラグに聞こえますが、死体を見てと言った坂本の言葉「南雲…?」は2つの意味に解釈できます。

1つ目は「嘘だろ南雲が死んでる」という意味

2つ目は「南雲が誰かを変装させたのでは?」という意味

 

正直南雲がここで負けるはずが無いですし、南雲の死体に南雲の武器が刺さっているのに違和感があるので、南雲が楽に勝利して楽を南雲の姿に変装させたと思います。

 

ヘリを使って侵入したスラー(有月)と相対する楽(変装した南雲)。

スラーの中には赤尾リオンがいるので、南雲がどの様な発言をするのか気になります。

 

ということで赤尾リオンと再会する前に南雲が死亡するとは思えないので、死亡した人物は“南雲から変装させられた楽”であり南雲は生存していると予想します。

 

 

 

次回 153話

anigenavi.com

 

 

 

ネタバレ