スポンサーリンク

『呪術廻戦』250話 感想 真贋相愛の能力とは 宿儺の術式をコピーした乙骨 『御廚子』を引き当てる強運

 

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

※Kindleや紙版は2月13日(火)発売、ジャンププラスやゼブラックは2月12日(月)発売

 

作者:芥見下々 漫画『呪術廻戦』250「人外魔境新宿決戦㉒」 感想(本編内容引用)

 

乙骨の領域展開『真贋相愛』の詳細が判明。

コピーしストックしている術式の中から一つ選択し、必中術式として結界に付与する。

 

それ以外の術式は領域内の刀にランダムに宿っていて、乙骨だけがその効果を引き出すことが可能。

どの刀にどの術式が宿っているかは乙骨自身も刀を手にするまで分からず、刀は一度術式を解放すると消滅するが、本数に制限はなし。

 

乙骨がコピーして使用した術式

・天使の必中術式『邪去侮の梯子』

・烏鷺亨子の術式(空を操る)技は『宇守羅彈』

・ドルゥヴ・ラクダワラの術式(自立型式神)

・狗巻棘の術式『呪言』

・シャルル・ベルナールの術式『G戦杖』

・両面宿儺の術式『御廚子』

 

 

両面宿儺は

・五条悟との戦闘で領域は使えない

・呪力総量も乙骨と同程度

・『彌虚葛籠(いやこつづら)』を維持しながら術式対象を拡張する『解』を撃てず

さらに虎杖の攻撃を受ける度に宿儺の呪力出力は下がるため、肉体の支配も鈍り『彌虚葛籠(いやこつづら)』を維持できなくなるという。

 

 

乙骨はシャルル・ベルナールの術式『G戦杖』で未来予知して繰り出した攻撃の後は術式がランダムに宿る刀を拾い、見事に宿儺の術式『御廚子』を引き当てた強運の乙骨。乙骨の放った『捌(ハチ)』を食らう宿儺はどうなるのか。

 

 

 

前回 249話

anigenavi.com

 

次回 251話

anigenavi.com