スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

『SAKAMOTO DAYS』155話 感想 シンかシンの親がアルカマルにいた? 父と思われる安藤の秘密について語られるのかも  【サカモトデイズ】

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

作者:鈴木祐斗 漫画『SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)』155話 感想「混戦」(本編内容引用)

 

かっこよくキメたはずが爆発の影響で超能力が使えないシンは熊埜御の攻撃を避けることができず。

大佛の優秀さを初めて実感した神々廻。

 

ハルマは鉄球をバレーのサーブの様に放ちますがラインを踏んでサーブミス。

シンの顔を見たハルマが「お前幼少期はどこにいた?」と問います。シンは地下科学研施設『LABO(ラボ)』にいましたが、シンの父親と思われる安藤がORDERを人工的に生み出す『アルカマル』にいたのかも。さらにシンは記憶がないくらい幼かった頃に『アルカマル』にいたのかもしれません。

 

 

 

シンを狙うキャロライナ・リーパーに一撃を入れる周。

3対3ですが、超能力を使えないシンを周がうまくサポートするのでしょうか。

 

 

 

前回 154話

anigenavi.com

 

次回 156話

 

 

 

ネタバレ