スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

『SAKAMOTO DAYS』156話 感想 スポーツマン対殺し屋  【サカモトデイズ】

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

作者:鈴木祐斗 漫画『SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)』156話 感想「スポーツマン」(本編内容引用)

 

四ツ村暁の息子である周の登場に驚く神々廻。

 

有月憬(スラー)を心配し泣く熊埜御は搬入用のクレーン車を磁力で呼び寄せ3人を攻撃。

磁力が強すぎるさすが人工ORDERですね。

神々廻をクレーンで攻撃する時の熊埜御のお尻がいい。『魔法少女にあこがれて』を思い出しました。

 

 

ハルマはバレーやサッカーなどのスポーツの動きで攻撃していることを理解したシンはスポーツのルールを利用して攻撃。

シンがルールを知らないスポーツで攻撃されるとまずいですね。

ルールありのスポーツマン対ルール無用の殺し屋の対決はどうなるのか。顔の渦巻きが的になって決着するかもしれませんね。

ハルマがスポーツの動きで手加減している可能性もあり、スポーツの動きをやめてからが本番の可能性もあります。

 

 

 

前回 155話

anigenavi.com

 

次回 157話

 

 

 

ネタバレ