【漫画作品別感想記事等のカテゴリは記事の下もしくはサイドバーにあり】




【人気記事ランキング】

呪術廻戦 262話-2 262-2話ネタバレ 感想考察 乙骨憂太の虚式茈 師五条悟の想いを乗せて

作者:芥見下々 漫画『呪術廻戦』262話-2(262-2話) ネタバレ感想考察確定の最新情報を紹介します(本編内容引用)

 

今回は262話-2(262-2話) の感想と考察

 

 

 

サブタイトル「人外魔境新宿決戦㉞-2」

 

 

 

【目次】

 

 

乙骨の遺体を抱えるリカ

262話の続きになります。

乙骨憂太の遺体を抱きしめるリカ。

 

 

 

無下限VS展延

乙骨五条(ゴジョータ)の無下限呪術対宿儺の展延。3分以内に決着をつける必要があります。

五条悟の肉体にはリカちゃんは憑いてこなかったため乙骨本来の術式の模倣(コピー)は使えず。羂索の肉体を乗っ取る術式とコピーの同時使用は不可。

対する宿儺は左腕を失ってから『世界を断つ斬撃』を出していません。

宿儺は世界を断つ斬撃を出していないが、出せないのかそれともわざと出せないのか。
宿儺なら出し惜しみすることなく出すはずなので「出せない」と思われます。
 
 

 

変に手足が長い五条悟の肉体を扱いきれず決定打を与えられない乙骨。

五条悟が無下限呪術を使いこなすまでにどれだけ苦労したか思い知りました。

五条家の人間のみが継承する六眼がなければ無下限呪術は扱い切ることができません。
六眼を保有していても無下限呪術の長時間使用は脳への負荷が大きいですが、五条悟は反転術式を同時に発動させ続けることで絶えず脳を修復しています。

 

 

 

「何故五条悟が最終的にあの形で茈を出さざるをえなかったかが理解できていないのか?」「茈を出すタメ…隙は与えない」「乙骨は初めからこの戦いの先を考えていないとしたら」と状況を分析し対策する宿儺。

乙骨は羂索の術式が終了して肉体を維持できなくなり死ぬことも想定して戦いに臨んだとすれば、次に乙骨憂太が取る手段は「五条悟のように虚式茈で自爆し宿儺を巻き込む」と考えた宿儺。
リカの完全顕現は5分ですが宿儺は時間までは知りません。

 

 

 

放つは師五条悟の奥義『無制限の虚式』

「コピーした術式を2つ同時に使えるとは宿儺が思っていない」と考えた乙骨が術式順転「蒼」を発動。

引き寄せられたのは狗巻棘の生得術式『呪言』「動くな」という呪言が記録されたボイスレコーダー。

コピーではなく本家の呪言が発動したことに驚く宿儺。

 

そして、師五条悟の奥義・虚式「茈」を乙骨憂太が発動。

乙骨の模倣(コピー)は術式を2つ同時に使用できないと宿儺は分かっていましたし、無量空処内であれば無下限呪術以外は使用できないと考えていましたが、コピーではなく本家狗巻棘の呪言を使ってきたので驚きました。
声を録音するボイスレコーダーは宿儺の生きた時代には存在していないため通った戦術と思われます。
呪術を扱う存在としては最強の存在ですが見たこともない文明の力には叶わなかった模様。

宿儺の読み通り、乙骨は謎の多い羂索の術式が終了して五条悟の肉体を維持できなくなり死ぬことも想定して戦いに臨んだとすれば、次に乙骨憂太が取る手段は「五条悟のように虚式茈で自爆し宿儺を巻き込む」です。

 



対宿儺戦で五条悟は『無制限の虚式』と呼んでいた自爆型の虚式『茈』を発動しました。
制限がないので術を使った五条悟自身も巻き込まれてしまいましたが、今回の乙骨は羂索の術式が終了し死ぬことも想定し自分の身を滅ぼす程の威力を誇る自爆型の虚式『茈』に宿儺を倒すことをかけたはずです。

かつての師と同じ手段で宿儺に大ダメージを与えようとする乙骨憂太。果たして無事に虚式『茈』は発動できるのか。



乙骨が通常の茈ではなく自爆型を選んだ理由や茈不発についての記事はこちら

anigenavi.com

狗巻棘が血を吐いたのはボイスレコーダーに録音した時ではなく録音した声を再生した今。
つまり、再生するたびに狗巻棘は血を吐くことになります。
さすがに宿儺戦ではこの一回しか再生しないと思います。

 

 

 

次回263話展開予想記事

anigenavi.com

 

 

 

今回掲載本誌

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

 

 

感想記事

前回 262話

anigenavi.com

 

次回 263話

 

 

 

呪術廻戦 戦華双乱|オンラインコード版

呪術廻戦 戦華双乱|オンラインコード版

  • バンダイナムコエンターテインメント
Amazon