【漫画作品別感想記事等のカテゴリは記事の下もしくはサイドバーにあり】




【人気記事ランキング】

呪術廻戦 264話 ネタバレ展開予想 宿儺が反撃 虎杖が領域展開

作者:芥見下々 漫画『呪術廻戦』264話 ネタバレ展開予想の最新情報を紹介します。(本編内容引用)

 

今回は264話の展開予想考察

※262話-2までのネタバレがあります。

 

 

 

漫画『呪術廻戦』264話の本誌掲載日はいつ?

作者:芥見下々による漫画『呪術廻戦』264話は、2024年7月29日発売の週刊少年ジャンプ35号に掲載予定。

2024年7月22日発売の週刊少年ジャンプ34号は休載

 

 

 

263話の感想記事はこちら

anigenavi.com

 

 

 

【目次】

 

 

264話考察展開予想

邪去侮の梯子で宿儺は

263話では、乙骨渾身の自爆型茈を受けたが倒れない宿儺。

 

茈で領域無量空処は崩壊し、乙骨は自爆で受けた傷を反転術式で治療しますが羂索の術が焼き切れ活動限界。

 

 

東堂葵が不義遊戯改で召喚したのは天使来栖華

最大出力の『邪去侮の梯子(やこぶのはしご)』を宿儺に当てました。

 

 

領域展開

邪去侮の梯子を受けても宿儺は倒しきれないと思われます。

 

乙骨死後リカが食べていた宿儺の指が回収され戦場に届けられ、宿儺の指を食べた虎杖悠仁が領域展開『伏魔御廚子』を行使。

虎杖悠仁『伏魔御廚子』対宿儺『伏魔御廚子』

 

 

また、虎杖悠仁は宿儺の指を食べたことで御廚子も強力になり、解だけでなく捌や世界を断つ斬撃、竈(カミノ)を使用できるようになるのかもしれません。

伏黒の魂を宿儺から引きはがせるかも。

 

裏梅曰く宿儺はまだ本気ではないのですが、あの人物が復活し虎杖悠仁と共に宿儺を倒すのでしょう。

 

 

 

掲載本誌

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

 

 

呪術廻戦 戦華双乱|オンラインコード版

呪術廻戦 戦華双乱|オンラインコード版

  • バンダイナムコエンターテインメント
Amazon