【漫画作品別感想記事等のカテゴリは記事の下もしくはサイドバーにあり】




【人気記事ランキング】

サカモトデイズ 173話 ネタバレ展開予想 有月憬と赤尾リオンの愛と友情の物語(妄想の可能性あり)【SAKAMOTO DAYS】

作者:鈴木祐斗 漫画『SAKAMOTO DAYS(サカモトデイズ)』173話 ネタバレ展開予想の最新情報を紹介します。
 
 
 
 

漫画『SAKAMOTO DAYS』(サカモトデイズ)173話の本誌掲載日はいつ?

作者:鈴木祐斗による漫画『SAKAMOTO DAYS』(サカモトデイズ)173話は、2024年7月8日発売の週刊少年ジャンプ32号に掲載予定。

 
 
 
 

172話の感想記事はこちら

anigenavi.com

 
 
 
 

有月憬と赤尾リオンの愛と友情の物語(妄想の可能性あり)

172話で、「赤尾リオンや篁の人格は有月憬の記憶が作り出したものだから篁を制御できることはない」と赤尾晶へ伝えた赤尾リオン。

有月憬が作り出したのは人格というより有月憬が見た記憶になります。

 

有月と会ったことがないのに有月の記憶であるリオンの人格が赤尾晶を知っている理由は、赤尾リオンがよく有月憬に赤尾晶の話をしてたからと判明。

 

 

 

173話では失踪中の有月憬と赤尾リオンの回想が描写され、2人がどのような関係になったのか明らかになるはずです。

有月憬(スラー)と赤尾リオンは失踪中に恋人もしくは友人か協力者になったと予想していました。

有月がアルカマルにいる楽や熊埜御達を助けるために兄の麻樹栖の指示で動いていることをリオンに明かし、そこから2人は特別な関係になったのでしょう。
ただし、あくまで有月憬の記憶にある赤尾リオンなので恋人設定は有月憬の妄想の可能性もあります。

 

もし、有月の妄想ではなく実際の出来事であったならば同期ライバルの南雲与市を「南雲」と坂本太郎を「坂本」と名字で呼んでいたリオンが有月を「憬」と下の名前で呼んでいるので、有月憬(スラー)と赤尾リオンは南雲と坂本より親密な仲であることは確実。

 

南雲がリオンの事が友達と思ったいたのか恋愛対象として見ていたのかわかりませんが、もしこの予想が当たっていて南雲が真実を知った時は自分たちより親密だった有月に嫉妬し脳が破壊されます。

怒りでもう1度有月を刺すのかもしれません。

 

 

 

赤尾リオン(有月)から吹き飛ばされ顔芸を披露した熊埜御は回想が終わる頃に復活できるのか。

 

 

 

掲載本誌

zebrack-comic.shueisha.co.jp