スポンサーリンク

羽田空港日本航空機炎上事故 陰謀論者登場 516便乗客乗員全員脱出 海保機体側は1人けが、5人死亡  岸田文雄首相や松本人志を関連させてデマや誹謗中傷をする人が出現

2024年1月2日に発生した羽田空港の日本航空機炎上事故。

日本航空(JAL)によりますと、新千歳空港から羽田空港に向かっていた516便が、羽田空港に着陸後に海上保安庁の航空機とみられるものと衝突したという情報があるとのこと。

接触した海上保安庁の航空機は、能登半島地震の対応のため新潟航空基地へ物資を送る途中でした。

その後、516便乗客乗員379人全員が脱出したと報道。

海保機体には6人搭乗。機長1人がけが、5人の死亡が確認されたと報道。

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

羽田空港の航空機炎上事故を知った方々が「松本人志」「岸田文雄首相」「自民党」などのワードを紐づけて「天の怒り」「バチが当たった」などと陰謀論やデマなどを展開させました。

また、1月1日に発生した令和6年石川県能登半島地震についても陰謀論を展開し、亡くなられた方を侮辱する方もいらっしゃいますが侮辱や誹謗中傷等はおやめください。

上記の方は「お前ら、羽田で何しとんねん!岸田、アホか!」というポストもしています。

 

 

令和6年石川能登半島地震でもこのような侮辱コメントをしている方がいました。誹謗中傷等はおやめください。

 

 

 

陰謀論等に反論する方々