スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

機攻特警スパルガイザーとブレイバーンの担当声優が鈴村健一さんである理由はスミスが影響を受けたから

アニメ『勇気爆発バーンブレイバーン』(ブレバン)第5話「それはきっと、私には出来ないことだろう」で機攻特警スパルガイザーが登場したことでブレイバーン=スミス説立証の可能性が更に高まりました。

 

5話予告でも触れましたが、『機攻特警スパルガイザー』のカラーリングと胸の装飾及び色がブレイバーンのものと似ています。

ブレイバーンは映画『アビス』を観ていたことからヒーロー作品も鑑賞済みで『機攻特警スパルガイザー』も当然観ています。

その証拠に、超次元3Dプリンター『ビルドバーン』で作ったスタチューの中に『機攻特警スパルガイザー』がありました。

空母にオタク部屋をつくっていたブレイバーンですが、『機攻特警スパルガイザー』を真似た自分の装飾もこれで作った可能性があります。

 

 

ブレイバーンの正体がルイス・スミスであれば彼も『機攻特警スパルガイザー』を愛しているので、『機攻特警スパルガイザー』担当声優の鈴村健一さんの声をブレイバーンに採用したと思われます。

ちなみに敵の声はクピリダスの稲田徹さん。