スポンサーリンク

『魔都精兵のスレイブ』125話 感想 ベルとNTR69◯ック△◯イ△ 京香さんが脳破壊で乱入 優希に力が湧いたのは伏魔と雷煉が精神世界に入ったから? 【まとスレ】

shonenjumpplus.com

 

原作:タカヒロ 作画:竹村洋平 漫画『魔都精兵のスレイブ』125話「ベルのご褒美」 感想 【まとスレ】(本編内容引用)

 

【目次】

 

 

ベルのご褒美

『無窮の鎖(スレイブ)』の能力を使ったため羽前京香と月夜野ベルが和倉優希にご褒美を決行。

優希とベルは褒めあいっこからのベルが優希の傷を舐め口にキスし、優希はベルの全身の傷を愛撫(舐める)
 
伏魔から一度切り刻まれて度胸がついてベルは「恥ずかしいけど大丈夫です」と優希の奉仕を受け取ります。
身体を重ねる2人。
それを見た京香さんが乱入。
「体の中から力が湧いてくるご褒美をもらっているからか…?」と優希が何かを感じ取りました。
完全に69(◯ック△◯イ△)
ベルは下着(ブラとパンツ)を着けてこないまま戦場に訪れたため裸ワイシャツ状態。
ベルが優希の陰◯(◯ち◯△ん)を舐め、優希がベルの陰◯(◯ん△)を舐めている構図です。前ページからの流れでベルも優希も太ももを舐めているのでしょうが、優希はベルの◯部(◯ん△)を舐めているようにしか見えません。
ベルの表情や身体の描き方がすばらしいです竹村先生。
乳首は白塗りで修正しているので気になる方はコミックスをご購入ください。

NTR69で完全に脳が破壊される前に乱入する京香さん。

優希に力が湧いてくるのはベルの笑う寿老人(カノープス)の影響か、もしくは精神世界に伏魔と雷煉が入ったからかのどちらかと思われます。

煽り文「お疲れ様でした…」は戦いとご褒美両方に対してでしょう。

やはりベルは最高ですね。
 

 

 

前回 124話

anigenavi.com

 

次回 126話