スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

『呪術廻戦』254話 感想 宇佐美ミゲル参戦 ミゲルがニゲル 日下部篤也死亡

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

作者:芥見下々 漫画『呪術廻戦』254話「人外魔境新宿決戦㉖」 感想考察(本編内容引用)

 

 

シン・陰流簡易領域 居合「夕月」で宿儺の斬撃を断つ日下部篤也。

シン・陰流簡易領域 居合とは、カウンターで相手を誘い後から領域を広げて相手を引き込める。領域内に侵入したものを全自動反射で迎撃する日下部篤也オリジナルのプログラムを組み込むできる。

 

 

冥冥や七海建人、五条悟からの日下部篤也への評価は

・負けるイメージがない

・剣術が達者、技のバリエーションが多い

・結界術が使える

・豊富な呪術知識に基づいた分析と判断力

・便利だから無人島の持っていきたい

・簡易領域が切り札

そして何よりも3人が日下部を推す1番の理由は優しいから。

 

亡くなった夜蛾への恩もあり、死滅回遊の泳者になった三輪などの子供を殺す宿儺を止めるべく戦う日下部。

シン・陰流「朧月」で宿儺の心臓を狙いますが、宿儺に行動を読まれて斬撃を食らい死亡。

日下部を回収しにきた憂憂を襲う宿儺。

しかし、ミゲルが憂憂を救います。

自分を知らない宿儺を「モグリ」と言うミゲル。

五条悟を渡り合った男が宿儺を倒す鍵になるのか。

「ミゲル」から棒を1つ取って「ミゲルがニゲル(逃げる)」展開は無いですよね。

 

 

前回予想したミゲル参戦が的中。

1級呪術師宇佐美の正体が宇佐美ミゲルと予想していたがそれが当たっているかは不明。

後は、メカ野薔薇と領域展開『エネルギー吸収アリーナ』も実現するのかな?

 

 

 

前回 253話

anigenavi.com

 

次回 255話

anigenavi.com

 

 

 

呪術廻戦 戦華双乱|オンラインコード版

呪術廻戦 戦華双乱|オンラインコード版

  • バンダイナムコエンターテインメント
Amazon