スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

『ブルーピリオド』実写映画化 8月9日公開 眞栄田郷敦主演

山口つばさによる漫画『ブルーピリオド』の実写映画化が決定。

2024年8月9日公開。

 

キャストは眞栄田郷敦、高橋文哉、板垣李光人、桜田ひより

2021年に放送されたアニメ版では鮎川龍二を女性声優の花守ゆみりさんが演じましたが、実写映画版では男性の高橋文哉さんを起用。起用した理由は全裸シーンがあるからでしょうか。舞台版でも男性の笹森裕貴さんが演じていました。

高橋世田介役板垣李光人さんと森まる役桜田ひよりさんを起用した理由は、原作で2人の顔が似ているからでしょうか。原作でも2人の顔が似ている理由は明かされていませんが、実は異母姉弟もしくは異父姉弟と予想しています。

 

スタッフ情報
原作: 山口つばさ 『ブルーピリオド 』(講談社「月刊アフタヌーン」連載)
監督:萩原健太郎 
脚本:吉田玲子 
音楽:小島裕規 “Yaffle ”
製作:映画「ブルーピリオド」製作委員会
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:ワーナー・ブラザース映画 
©山口つばさ/講談社 ©2024映画「ブルーピリオド」製作委員会

 

 

 

 

 

漫画『ブルーピリオド』は作者である山口つばさ先生に子供が生まれたため現在休載中。連載再開は春頃を予定。