スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

漫画感想 龍と苺

龍と苺189話掲載は4月24日発売のサンデー22・23合併号

漫画『龍と苺』189話の本誌掲載日はいつ? 柳本光晴による漫画『龍と苺』189話は、2024年4月24日発売の週刊少年サンデー22・23合併号に掲載予定。 週刊少年サンデー 2024年22・23合併号(2024年4月24日発売) [雑誌] 小学館 Amazon 龍と苺(15) (少年サン…

『龍と苺』188話 感想 藍田苺85歳で死去 川嶋蘭々は鴨島凛々のひ孫でおっきー

週刊少年サンデー 2024年21号(2024年4月17日発売) [雑誌] 小学館 Amazon 作者:柳本光晴 漫画『龍と苺』188話「タイトルホルダー」 感想 タイトルホルダー 2023年~2124年、100年間のタイトルホルダーが公開。 山野辺彰人竜王の名前は2025年で消えています…

『龍と苺』187話 感想 斎藤高貴な花(フルールノーブル)

週刊少年サンデー 2024年20号(2024年4月10日発売) [雑誌] 小学館 Amazon 作者:柳本光晴 漫画『龍と苺』187話「天才の血筋」 感想 史上最強の棋士 斎藤ノブのフルネームが「斎藤高貴な花(フルールノーブル)」と判明。すごい高貴そうですね。 いずれ「斎…

『龍と苺』186話 感想 斎藤蓮のひ孫斎藤ノブ

週刊少年サンデー 2024年19号(2024年4月3日発売) [雑誌] 小学館 Amazon 作者:柳本光晴 漫画『龍と苺』186話「二度目のアマ竜王戦」 感想 竜王への道 コンソメモンブラン味のポテトチップスが気になる。 お掃除ロボットはちいかわではないですよね。 100年…

『龍と苺』185話 感想 山野辺ミクは山野辺彰人竜王の子孫 苺は100年前と同じ道を辿る!

週刊少年サンデー 2024年18号(2024年3月27日発売) [雑誌] 小学館 Amazon 作者:柳本光晴 漫画『龍と苺』185話「恐るべき子供たち」 感想 山野辺の子孫 濱野大(ビッグ)、姉ヶ崎ベリ子、川嶋蘭々といった「恐るべき子供たち」と言われる棋士も登場。100年…

『龍と苺』184話 感想 黒田ジョーカーは苺の血縁者? 苺の倒したい奴とは

週刊少年サンデー 2024年17号(2024年3月19日発売) [雑誌] 小学館 Amazon 作者:柳本光晴 漫画『龍と苺』184話「革命家」 感想 棋士 木の駒が廃止になってホログラムになっているので職人は廃業したのでしょう。 黒田道化師(ジョーカー)竜王や寒河江雷々…

『龍と苺』183話 感想 ミクは誰の子孫なのか(藍田苺か鴨島凛々と予想) 森田大地(ガイア) 22歳で全タイトル制覇 50歳で引退するまでに通算タイトル180期、全タイトル制覇が10回の将棋史上最強の棋士 藤井聡太を超え!?

週刊少年サンデー 2024年16号(2024年3月13日発売) [雑誌] 小学館 Amazon 作者:柳本光晴 漫画『龍と苺』183話 感想 藍田先生 100年後に中学生の藍田苺を目撃した人物が「藍田先生の子供にそっくりでした!」「子供の頃の藍田先生が来て会館に入れず騒いで…

『龍と苺』182話 感想 龍の意味は未来の藍田苺 空飛ぶ苺 パンツ見える 遊戯王のようにARで竜を召喚!?

作者:柳本光晴 漫画『龍と苺』182話 感想 竜王戦から100年後の2124年3月。 特殊な靴で空を飛ぶ苺。空を飛ぶのは違法でドローン警察に追いかけられる展開になるなどどうしたこの漫画。 竜王が空を飛ぶ...。 実はタイトル通り人間ではなく龍でそのうち靴が無…

『龍と苺』181話 感想 100年後2124年が舞台の新章突入 空飛ぶ車=飛車 コールドスリープから目覚めた苺!?なぜタイムリープ?『バンオウ-盤王-』の様に吸血鬼に!? 実は人間ではなく龍!? ヒンメルの死から100年後!?夢オチ!?『ヒカルの碁』の佐為の様な幽霊になった苺!?

作者:柳本光晴 漫画『龍と苺』181話 感想 最終回かと思ったら100年後を舞台にした新章へ突入。 竜王戦から100年後の2124年3月に、100年前の将棋会館を再現した将棋会館を見た藍田苺が「驚いた。ホントに昔のまんまじゃない。懐かしい…」と言っているためタ…