【人気記事】
スポンサーリンク
記事本文は広告の下に掲載

呪術廻戦248話ネタバレ感想考察 五条悟が呪骸として復活!?

作者:芥見下々 漫画『呪術廻戦』248話 ネタバレ感想考察(本編内容引用)
「人外魔境新宿決戦⑳」
 

zebrack-comic.shueisha.co.jp

 

 

 

日車から虎杖へ託された処刑人の剣は崩壊。

日車が死んでもなお『神武解』は持っていかれた様子。

 

そして、虎杖は腹を吹き飛ばされたはずが反転術式を習得し全快。しかも一か月で。

やはり『虎杖悠仁』という名前の通り最強のヒーラーになのかも。もしかすると五条悟などの死亡した人物も復活させる可能性がありますね。

 

 

自身の器であった虎杖が百折不撓の理想を持っていると知っている宿儺。『ナルト』の九尾・九喇嘛(クラマ)がその器のナルトを理解したイベントに似ていますが、ナルトの様に仲良くなることは無さそう。

 

自分は理想を嫌悪する人間だったと理解した両面宿儺。

この戦いで「愛」以外にも色々と知ることになるのでしょうね。

 

 

乙骨によって羂索が死亡し(完全に死亡した模様)彼の保険が宿儺の下へ渡りました。

死滅回游の登録上は伏黒恵であるため天元による人類との超重複同化の発動権は伏黒恵=両面宿儺にあります。

ということで『呪術廻戦』のラスボスは両面宿儺になる予定です。

 

 

ここで宿儺が『憑霊の餓鬼』と称した乙骨憂太が参戦し、『呪いの王』両面宿儺対『呪いの女王』リカちゃん(祈本里香)が実現。

次に宿儺は何を得るのか。

 

 

宿儺は一瞬、家入硝子の前に五条悟らの死体などを輸送していると予想していましたが、実際に正解と思われます。

五条悟、夏油傑、日車寛見、夜蛾正道、釘崎野薔薇らの死体から3つの魂を選び楽巌寺嘉伸学長が呪骸を作る。

それが宿儺を倒すのかもしれませんね。

ただ、生後3ヶ月を過ぎたあたりから呪力の自己補完を始めるので亡くなって間もない五条悟では厳しいのでしょうか。

 

硝子さんの前に五条悟と夏油傑の遺体を並べるのが辛いです。

 

 

 

次回9号は休載。

連載再開は2024年2月5日発売の10号になります。

 

 

 

前回 247話

anigenavi.com

 

次回 249話

anigenavi.com

 

 

 

懐玉

懐玉

  • TOHO animation RECORDS
Amazon