スポンサーリンク

実写ドラマ『セクシー田中さん』脚本家・相沢友子さんが追悼コメント「初めて聞くことばかり」「もっと慎重になるべきだったと深く後悔、反省」 インスタのアカウントは削除すると報告 【二次創作脚本改変問題】【セクシー田中さん】【芦原妃名子さん】

本記事は、『砂時計』『Piece』『セクシー田中さん』などの漫画作品の作者である漫画家の芦原妃名子さん(本名:松本律子)の作品『セクシー田中さん』を基に制作された実写ドラマ『セクシー田中さん』の脚本改変問題についての記事になります。

 

 

実写ドラマ『セクシー田中さん』の脚本家・相沢友子さんが2024年2月8日に追悼コメントを公表しました。

このたびは芦原妃名子先生の訃報を聞き、大きな衝撃を受け、未だ深い悲しみに暮れています。心よりお悔やみ申し上げます。

芦原先生がブログに書かれていた経緯は、私にとっては初めて聞くことばかりで、それを読んで言葉を失いました。
いったい何が事実なのか、何を信じればいいのか、どうしたらいいのか、動揺しているうちに数日が過ぎ、訃報を受けた時には頭が真っ白になりました。そして今もなお混乱の中にいます。

SNSで発信してしまったことについては、もっと慎重になるべきだったと深く後悔、反省しています。もし私が本当のことを知っていたら、という思いがずっと頭から離れません。あまりにも悲しいです。
事実が分からない中、今私が言えるのはこれだけですが、今後このようなことが繰り返されないよう、切に願います。

今回もこの場への投稿となることを、どうかご容赦ください。
お悔やみの言葉が遅くなってしまい、本当に申し訳ありません。
芦原妃名子先生のご冥福をお祈りいたします。

2024年2月8日 相沢友子

これを最後に、このアカウントは削除させていただきます。

https://www.instagram.com/aizawa_tomoko/?hl=ja

 

 

 

相沢友子さんへの誹謗中傷はやめるようお願いいたします。