スポンサーリンク

指揮者の小澤征爾さんが死去 ワクチニスト小澤と誹謗中傷する人が現れる(ワクチン、コロナワクチン) ワクチン突然死と死因を公表する人も

「世界のオザワ」と評された指揮者の小澤征爾さんが2024年2月6日に都内の自宅で死去しました。

死因は心不全。

88歳(享年)でした。

 

 

ヘルベルト・フォン・カラヤンの弟子であった小澤征爾さんはボストン交響楽団の音楽監督、ウィーン国立歌劇場音楽監督を務めて「世界のオザワ」と評され、サイトウ・キネン・オーケストラを結成しコンサートを行っていました。

 

2010年には食道がんが見つかったが手術で完治。

持病の腰痛や肺炎などで1年以上活動を休止。腰の手術を受けています。

2018年3月に大動脈弁狭窄症の手術を受けていました。

元妻の江戸京子は2024年1月23日に死去。

 

 

 

ご冥福御祈りします。

 

 

 

ワクチン(コロナワクチン)を関連させて嘘の情報を発信し「ワクチニスト小澤」と誹謗中傷するのはおやめください。

過去には「ぽんぽん死ぬなぁ♪きもちええええええ」と故人を侮辱しています。(ワクチンを関連させて)

anigenavi.com

 

 

「ワクチン突然死」と死因を公表する人もいますがその様な事実は小澤さん側から公表されていません。