スポンサーリンク

『原作と同じじゃなきゃダメですか?』脚本シナリオ出版提案を拒否された脚本家が出版 【二次創作脚本改変問題】【セクシー田中さん】【芦原妃名子さん】

本記事は、『砂時計』『Piece』『セクシー田中さん』などの漫画作品の作者である漫画家の芦原妃名子さん(本名:松本律子)の作品『セクシー田中さん』を基に制作された実写ドラマ『セクシー田中さん』の脚本改変問題についての記事になります。

 

 

協同組合日本シナリオ作家協会の教育・出版を行う別団体一般社団法人シナリオ作家協会が『原作と同じじゃなきゃダメですか?』を出版。

 

 

映画「やわらかい生活」の原作『イッツ・オンリー・トーク』の原作者・絲山秋子さんが脚本を出版すること等を拒否した事件の裁判記録をはじめ、シンポジウム「脚本と原作と著作権の不思議な関係」、角川春樹のインタビューなどを収録。

脚本家と原作者の関係性やあり方を考える一冊になります。

 

『原作と同じじゃなきゃダメですか?』の内容をまとめた内容は以下のとおり

セクショナリズム・プライドの強いと指摘される[6]脚本家の立場を第一としており、映画やわらかい生活の脚本の出版が原作者によって拒絶された際には担当した脚本家に加えて協会として原作者に対し訴訟を行っている。この裁判は2012年に最高裁で協会側の敗訴が確定しているが、後に協会が主催した「裁判を考える会」のシンポジウムにて当時の会長である柏原寛司が「原作者が口を挟む」「嫌なら最初から許可しなければ良い」などと発言する[7]など徹底した原作者批判を行い、裁判の過程や脚本家の主張をまとめた本を「原作と同じじゃなきゃダメですか」[8]と題して[注 1]出版する一方、2022年に全会員の総意として決議された「脚本契約7原則」と題した文章[9]の中では
「オリジナル企画」および「オリジナル脚本」の脚本家は、原作者として尊重されなければならない。
とし、脚本がオリジナルなら脚本家は原作者として尊重されるべきであると主張している。

引用元:wikipedia

 

 

https://twitter.com/h_yuzuki/status/1754802370670891517

www.youtube.com